知っておくべき!高血圧の食事で牛丼を食べる際の注意点

2018年3月9日

 

・高血圧の食事で牛丼を食べても大丈夫?

 

高血圧の予防のため日頃から食事制限をして頑張っている人もたくさんいると思います。

 

しかし、食べる量を抑えたり、濃い味付けにならないように気を付けているという食生活を続けているとたまには牛丼などの丼ものをガッツリ食べたいという衝動にかられる人もいるのではないでしょうか。

 

牛丼が大好きだという人も多いと思いますが、高血圧予防のため食事管理をしている人にとってはあまりおすすめできる食事ではありません。

 

その理由はまず、ご飯を食べ過ぎてしまいがちになることです。そして栄養バランス的にもあまりよくありません。そして、塩分が多く含まれているというのもあまりおすすめできない理由になります。

 

塩分の摂りすぎると、血中のナトリウムの濃度が濃くなります。そうなると脳が濃度のバランスを取ろうとして血中の水分量が増やそうとします。その際に、血管に負担がかかって血圧が上がってしまうのです。

 

 

・ゴボウサラダやお茶と一緒に牛丼を食べよう

 

先ほど解説したように、高血圧予防で食事を管理している人にとって牛丼はあまりおすすめできません。しかし、牛丼が好きな人が絶対に食べてはいけないと言われると大きなストレスになりますよね。

 

牛丼も食べ方に工夫してたまに食べるくらいであれば全然問題ないので、どういった工夫をすれば良いのかを知った上で牛丼を食べるようにしましょう。

 

食べ方を工夫する方法はいろいろありますが、例えばゴボウサラダとお茶と一緒に食べるのもおすすめです。

 

ゴボウサラダには食物繊維が豊富に含まれていて、血液の流れをよくする効果が期待できるので、血圧が急激に上がるのを抑えることができます。よって、牛丼を食べる前にゴボウサラダを食べるのがおすすめになります。

 

また、お茶にはナトリウムを体外へ排出させる働きがあるので、塩分が多い牛丼を食べる際に一緒に飲むのがおすすめになります。

 

こういったことを意識するだけでも、血圧の上昇をかなり抑えることができます。

 

 

・味噌汁と紅ショウガは控える

 

高血圧予防で食事管理している人が牛丼を食べる際には、ご飯の量が多くならないように注意しましょう。

 

また、牛丼を食べる時に紅ショウガをたっぷりのせたり、味噌汁も一緒に飲んでいる人も多いかもしれませんが、紅ショウガと味噌汁には塩分がたくさん含まれているので、控えた方が良いでしょう。

 

さらに、牛丼のつゆには塩分がたくさん含まれているので、つゆだくにしているという人はつゆの量を少なめにすることをおすすめします。

 

高血圧の食事にそばがおすすめ?