高血圧の食事でうどんがおすすめできない理由

2018年3月9日

 

・高血圧の食事でうどんはNG?

 

高血圧の予防や改善のために日々の食事に気を遣っている人であれば、うどんは控えた方が良いと聞いたことがある人も多いと思います。うどんが大好きな人にとってはどうしてダメなのかという気持ちになるでしょう。

 

高血圧の人が食事管理をする場合、うどんは控えた方が良いと言われる理由は塩分が多いためです。特に気を付けなければならないのがうどんの汁です。うどんの汁には塩分がたくさん含まれているので、汁を飲み干してしまうとかなりの量の塩分を摂取してしまいます。

 

うどんの麺にも塩分は含まれています。麺に塩分が含まれているのが意外だったという人もいるかもしれませんが、麺にコシを出すために使用されます。うどんの麺にコシを出すためには小麦粉100gに対して5gくらい使われると言われています。

 

高血圧の人が減塩する場合、塩分の1日の摂取量は6gまでに抑えることが望ましいといわれているので、麺に5gも含まれていると言われるとやっぱりうどんは食べない方がいいのかと思う人も多いと思います。

 

しかし、麺に含まれている塩分は茹でる際にほとんど溶け出てしまい麺に残る塩分は1割程度と言われています。なので、高血圧の人はうどんを絶対に食べてはいけないというわけではありません。

 

あまり我慢しすぎてストレスを抱えてしまうと血圧にもよくありませんし、たまに食べる程度であれば問題ないでしょう。

 

ただ、ほとんど溶け出るといっても麺には塩分が残っているということは理解した上で食べる必要がありますし、汁は残すようにするべきだと思います。また、うどんを食べた時は前後の食事でなるべく塩分の摂取量を減らすなどしてしっかりと調整も行いましょう。

 

・うどんと一緒に食べると良い食べ物について

 

高血圧の人の食事としてうどんもたまに食べるのであれば問題ないと紹介しましたが、うどんを食べるのであれば、一緒に食べるものにも気を遣いましょう。

 

うどんと一緒に食べるものでおすすめなのがカリウムを多く含んでいる食品です。カリウムは過剰なナトリウムを体外へ排出する働きをもっています。

 

カリウムを多く含んでいる食品のなかにはとろろ昆布やワカメなどうどんのトッピングにできそうな食品もたくさんあるので、そういったものをトッピングして食べるとよいですね。

 

ただし、カリウムは腎臓の機能が弱っている人はカリウムの量を制限する必要があるので、カリウムの過剰摂取には気を付けなくてはいけません。

 

 

 

高血圧の食事で米を食べる際はここに注意!