高血圧の食事で米を食べる際はここに注意!

2018年3月9日

 

・高血圧の人にお米は良くない?

 

高血圧予防のための食事管理でお米に関する疑問や悩みをもっている人は多いと思います。

 

高血圧予防の食事でお米を食べ過ぎるのは良くないと言われていますよね。ご飯には糖分がたくさん含まれていて、血糖値が上昇しやすいため血管に負担がかかって血圧が上がってしまいます。

 

また、甘味があって美味しいお米は塩分の多いおかずとの相性が抜群であるため塩分も過剰摂取してしまいがちですし、ご飯がすすんでお米もたくさん食べてしまいがちですよね。

 

だからといって、普段の食事からお米を取り除くなんて考えられないということで悩んでいる人はたくさんいるでしょう。

 

米には人の身体にとって欠かせない栄養素も豊富に含まれていますし、高血圧予防のためなら全く食べない方がいいというわけではありません。

 

  • 食べ過ぎに注意する(お米よりもおかずをしっかり食べる)
  • 一緒に食べるおかずの塩分の量に気をつける
  • 一気にかきこんで食べない(ゆっくりよく噛んで食べる)
  • ご飯の前にサラダなど食物繊維が豊富なものを先に食べる

 

このように食べ方に注意するだけでも、血糖値が急激に上昇するのをかなり抑えることができて、血管に負担がかかるのを抑えることができます。

 

・発芽玄米について

 

白米の代わりに玄米を食べるのがおすすめだということを聞いたことがある人もたくさんいると思います。

 

玄米というのは籾殻だけ取り除いた状態で、胚芽がついているお米です。この胚芽に良質なタンパク質やビタミンなど豊富な栄養素が含まれているため、胚芽を取り除いた白米よりもおすすめだと言われています。

 

しかし、玄米は吸収率が悪いこと、そして何より味が白米よりも落ちてしまうため、過去に白米を玄米に置きかえてみたけど結局やめてしまったという人も多いのではないでしょうか。

 

最近では、こうした玄米の欠点を取り除いた発芽玄米が注目されています。発芽玄米とは玄米を水に入れて数ミリ発芽させたものですが、そうすることで栄養価が高くなりさらにやわらかくなって食べやすくなるのです。

 

発芽玄米にはギャバという成分が豊富に含まれていて、腎臓の機能を高め、血圧を下げる働きが期待できます。発芽玄米に含まれるギャバの量は玄米の倍くらいで、白米と比較すると何と10倍もの量が含まれているのです。

 

先ほども説明したように玄米よりも数段食べやすいので、高血圧予防の食事に試して取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

こちらのサイトもぜひご覧ください ↓ ↓

藤城式高血圧改善食事療法は詐欺?評判・口コミ・ネタバレ・効果・内容