高血圧予防の食事にきゅうりを取り入れよう

 

・高血圧予防にはきゅうりがおすすめ

 

高血圧は生活習慣病と言われていますし、日頃から食事に気を配っている人もたくさんいると思います。

 

高血圧予防におすすめの食べ物はいろいろありますが、きゅうりがおすすめであるのは知っているでしょうか。

 

きゅうりの多くは水分ですし栄養素が高いというイメージはないという人もいるかもしれませんが、きゅうりに含まれている栄養素には高血圧予防や改善に役立つ働きをもった栄養素がたくさんあるのです。

 

・きゅうりの栄養素について

 

まず、きゅうりには食物繊維が含まれています。

 

食物繊維を摂取することで体内のナトリウムを体外に排出し、ナトリウムの濃度を安定させることができます。ナトリウムの濃度が濃くなると血圧を上げる原因となるので、ナトリウムの濃度が安定することが高血圧予防、改善につながります。また、きゅうりにはカリウムも含まれていますが、このカリウムもナトリウムを排出する働きをもっています。

 

この食物繊維やカリウムの働きによって、高血圧予防、改善効果が期待できるのはもちろんのこと、むくみの改善効果も期待できます。

 

また、きゅうりにはピラジンという成分も含まれています。きゅうりはちょっと青臭くて苦手だという人もいるかもしれませんが、あの青臭さはこのピラジンによるものです。

 

ピラジンには血液をサラサラにする働きをもっています。血液がサラサラになり血液が流れやすくなると、血管に負担がかかりにくくなって血圧が上がりにくくなることが期待できます。

 

青臭くて苦手だから普段の食事ではあまり食べていないという人もこの青臭さが血液をサラサラにしてくれているのだと思って食べてみてはいかがでしょうか。

 

さらに、きゅうりにはシトルリンという成分も含まれています。シトルリンとはアミノ酸の一種で血管を拡張させる働きをもっています。血管が拡張されれば、血管内の血流もよくなるので、ピラジンと同様に血圧が上がりにくくなることが期待できます。

 

・きゅうりと相性の良い食材について

 

高血圧予防の予防にきゅうりがおすすめであることを紹介しましたがいかがだったでしょうか。

 

きゅうりだけで食べるのも、もちろんいいですが、ワカメと一緒に酢の物にして食べるのもおすすめです。ワカメにも食物繊維やカリウムが豊富に含まれていますし、酢には血糖値を下げる効果が期待できます。

 

ワカメと一緒に酢の物にすることで食べやすくなりますし、より高い効果が期待できるようになるので、ぜひ試してみてください。

 

 

高血圧の食事で米を食べる際はここに注意!