危険!?インスタント食品中心の食事が高血圧の原因になるって本当?

2018年3月9日

・インスタント食品中心の食事は改善しよう

 

皆さんのなかにも普段の食事がインスタント食品中心になってしまっている人はたくさんいると思います。

 

インスタント食品は保存期間も長いため、ちょっと小腹が空いたときにサッと食べることができるようにまとめ買いしてストックしておいている人もいると思います。

 

また、すぐに食べることができるので、調理が面倒だという人や、仕事などで忙しくて時間がない人だとついインスタント食品に頼ってしまっている人も多いのではないでしょうか。最近のインスタント食品ってすごく美味しくなっているので、インスタント食品中心の食事が続いてもそれほど苦にならないという人もいるでしょう。

 

こういった理由でインスタント食品ばかり食べてしまっている人は健康面を考えるとそのような食生活はおすすめすることができません。

 

・インスタント食品が血圧に与える影響について

 

なんとなく健康に良くないというのは分かっているけど、具体的にどのような影響があるのかいまいち分かっていないという人も少なくないと思うので、インスタント食品と高血圧の関係について解説します。

 

インスタント食品が健康面に悪影響を与えるといわれる大きな理由は塩分が多く含まれているということです。

 

塩分にはナトリウムが多く含まれているので、塩分が多く含まれているものを摂取すると、血液内のナトリウムの濃度が濃くなってしまいます。

 

健康的な身体をキープするためには血液内のナトリウムの濃度は良いバランスを保っておくことが大切なので、ナトリウムの濃度が濃くなると、濃度を薄めるように脳が指示を出します。

 

その指示によって、喉が乾くので人は水分をたくさん摂取するようになります。そして腎臓が普段なら体外に出す水分もナトリウムの濃度を薄くするために吸収しようとします。この働きによって、血管内の血液の量が増えてしまうので血管に圧力がかかって血圧が上がってしまうのです。

 

・日本人は塩分を過剰摂取しがち

 

インスタント食品中心の食事になってしまっているという人は塩分を過剰摂取してしまっている可能性が高いので注意が必要です。

 

日本人は他の国と比べても塩分の摂取量は多いと言われていますし、高血圧の人の割合も多いと言われています。この結果からも塩分の過剰摂取と高血圧の関係は切り離すことができないと言えると思います。

 

これまで、塩分の摂取量を気にしていなかったという人は、一度自分が食べているインスタント食品の塩分量をチェックしてみることをおすすめします。

 

 

高血圧の食事で米を食べる際はここに注意!