高血圧予防の食事の味付けについて

 

・高血圧予防のため食事の味付けに気をつけよう

 

高血圧は初期の段階では特に身体に大きな支障が出ることもないので軽視している人もいるかもしれません。しかし、高血圧によって血管に大きな圧力がかかると血管の壁がかたくなって動脈硬化につながり、心臓病や脳卒中などにつながってしまう可能性があります。

 

血圧が高めなので何とかしなければいけないと思ってはいるけど、特に何の対策もしていないという人はできるだけ食事管理など早めに対策をすることをおすすめします。

 

高血圧予防の食事管理をする際に、何を食べるかということも大切ですが、味付けにも気をつけることが大切です。

 

特に味付けが濃い食事が好きだという人は塩分を摂りすぎている可能性が高いので注意が必要です。また普段忙しくてあまり時間がないため外食が多いという人や簡単に準備できる加工食品中心の食事になっている人もたくさんいると思いますが、外食だと味付けが濃いお店が多いと思いますし、加工食品には塩分がたくさん含まれています。

 

これから高血圧予防や改善のために食事管理を始めようという人は、まずは自分の食生活を振り返ってみましょう。

 

・塩分を多く含んだ食品について

 

高血圧予防の食事管理で塩分の摂りすぎには特に注意する必要があります。よって、食事の味付けをする際に塩分が多く含んだものを使い過ぎないことが大切です。そのためにはどういったものに塩分が多く含まれているか知る必要がありますよね。

 

食塩や味噌、濃口醤油などには塩分が多めに含まれていることが想像つくと思いますが、薄口醤油や和風だしの素にも意外と塩分が含まれています。薄口だから、和風だからと使い過ぎないように注意が必要です。

 

塩分は1日6g未満に抑えるようにするのが目安と言われています。しっかりと食事管理するためには味付けをする際に、目分量で使用するのではなく計量スプーンやスケールで正確に計って使用しましょう。より正確にするためにはスケールも針のものではなくハッキリと数値がわかるデジタルのスケールがおすすめです。

 

また、これまで濃い味付けが好きで濃い味付けの食事を食べてきた人がいきなり塩分を6g未満に抑えようとして味付けすると、味が物足りなくて食事を全く楽しめなくなってしまう人も出てくると思います。

 

食事管理は継続していくことが大切なので、厳しすぎてやめてしまうことがないように、段階を踏んで薄い味付けにしていき、少しずつ薄い味付けに慣れていくのがおすすめです。

 

高血圧の食事で米を食べる際はここに注意!